スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後から二番目の黄昏 "Fig. -Type 4.0-"【Book : No. 55】


Fig.4表紙
タイトル: 最後から二番目の黄昏 "Fig. -Type 4.0-"
装丁: B5 / オフセット(表紙フルカラー) / 36ページ
価格: ¥500
発行日: 2007年12月31日(コミックマーケット73)
ジャンル: ひぐらしのなく頃に
在庫状況:うりきれ


鷹野本です。でもどーゆーわけだか梨花ちゃまが表紙で目立ってます。えろくないです。ほぼストーリー漫画のみです。皆殺し捏造後日談です。何かちび鷹野率高いです。ハッピーな話を描きたかったのに、ネタがネタだけに全然ハッピーになりませんでしたorz
描き手がアニメやらコンシューマやらに全く手を付けてなかったり、かなりオリジナル寄り展開だったり…と、けっこう人を選びそうな内容なのでガクブルですが、表紙の印刷的な出来がやたらといいのでそこだけでもぜひ見てやってください。(w

#今更ですが、原作版準拠です。特にアニメ版とはキャラデザ、ストーリー設定等が異なる部分が多々あるため、わけのわからないことになっている可能性がかなり高いです。原作をプレイされている方におすすめします。

#とらのあなさんに委託販売をお願いしていました(でもとらさんタイトル間違ってる……)。在庫なくなりましたがサンプル代わりに→こちら




■裏表紙
Fig.4裏表紙上でも書いたとおり、今回の表紙は久々に自分的にクリティカルでした。特殊紙エスプリエンボスくもも非常にいい風合いを出してくれていましたし、色合いも画面で見たまんまで出てくれてました。ありがとう印刷屋さん。ちなみにこれで目標のセットの特殊紙全制覇です!w
個人的には特に裏表紙のほうが気に入ってます。裏と表を逆にしたいくらいの気分でしたがさすがに自重しました。



■おまけ
C73CM画像1
冬コミまでの数日間、サイトのトップにランダムで表示されるようにしていた新刊CM画像。映画の予告ポスターみたいなのが作れたらなぁ…と思ったのですが、どーだっただろう…?

表紙と裏表紙の単純な使い回し…に見せかけて、いずれも少しずつ画像的な加工を変えていたりしますので、そのあたりもお楽しみいただければうれしいです。


C73CM画像2
実は1枚目のキャッチ「『しあわせな夏』を切望した、もうひとりの少女の物語」が今回の話のコンセプトの全て。
いや勿論ちび鷹野と両親の話も描きたかったし、結局あのままじゃ鷹野は願望を成就させても幸せにはなれんだろーなってのも書きたかったのですが、それと同じくらい、鷹野と梨花ちゃまの「共通性」みたいなのも描きたかったのです。

だから表紙が彼女たち2人なのです。


C73CM画像3
冬コミCM画像は、新刊がらみ以外であと3枚ありました。そちらはコミックマーケット73の記事のおまけとして載ってます。

| RI実験室advanceホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。